家庭動物と集合住宅で暮らす こと

飼育や近隣トラブルの対策やマナー。

裁判例や、 過去のトラブル事例から、どうしてコミュニティの中でペットトラブルが起こるのか、

その考え方や対策を検討します。

平成10年にネットワークを立ち上げました

当時、「ペット マンション」のキーワードのサイトは、ほんの数サイトでした。
当サイトは多くの協力者に支えられ、「マンションのペット問題」「飼育への可能性と権利」を考えてきました。

現在はどうでしょうか。

家庭動物としての犬や猫の理解が進みだし、都市部の新築分譲マンションではペット飼育可は8割以上、賃貸住宅でも飼育可が徐々に増えています。
検索サイトでは、様々なペット用の工夫をした「ペット共生」マンション、「ペット共生住宅」の案内サイトが、それこそ山ほどヒットします。

飼育の可能性の広がりに安堵したのものの、私達は新たな課題を抱える事になりました。
それは、正しい情報と指導はまだ追いついていないからです。
営利目的な宣伝に踊らされた安易な飼育と、ニューサンス(生活妨害)の認識不足。
動物飼育を取り巻く法整備の遅れと、マナー等の社会常識の不足。初心者飼い主や、理事会への協力者の少なさ。
間違った工夫や対応が、家庭内だけでなく近隣トラブルへも広がらないよう、正しい知識が必要です。

 

動物と暮らす事が、一個人だけでなく地域へ有益である将来に向けて、 まだまだ検証と模索を重ねないとならない、と感じています。

 

新しい記事の追加を予定していますが、
過去の議論の記録として、旧サイトで掲載していた古い記事もできるだけ保管する方針をとっております。古い情報もございますこと、ご理解をお願いいたします。

平成27年 つんつん

謝辞

WEB立ち上げ当時より、資料のご提供やアドバイス、講演会レジュメ、絶版書籍の記事の転載許可等々、多くのご協力を頂きました。心よりお礼を申し上げます。

財団法人「マンション管理センター」様、 「集合住宅における動物飼育を考える協議会」様
「社団法人 東京都動物保護管理協会」様、 「東京都衛生局生活環境部獣医衛生課」様
獣医師 井本史夫 先生 獣医師 宮田勝重 先生
法律家 吉田眞澄 先生 弁護士 矢花公平 先生
その他、メーリングリスト、関連学会・研究会仲間 の方々

(「マンション管理センター」様は、平成11年7月にサイト開設をされました。
当サイトにある記事類は当サイト開設時《センターさん開設以前》の、「センター通信」及び絶版書籍からの部分で、必要とされるものを個々に許可を頂いてたものです )